渡辺美奈代、新年の挨拶で堂々と誤表現に「文章おかしい」と批判殺到

芸能
1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 23:58:14.28 ID:F1YRkm369

タレントの渡辺美奈代(50)が1日、自身のブログを更新した。

渡辺といえば先日、「ティファニーブルーでお正月仕様」とつづり、ティファニーを連想する青色がメインのファミリールームを披露した。
また、あわせて投稿された玄関の写真にはシャネルの絵も飾られており、ブランド感ギラギラのお正月仕様には「超絶ミーハー」と批判が殺到していたばかり。

そんな渡辺はこの日、「皆様新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い致します。
皆さんのご家族にとって幸せな一年になりますように。皆様2020年も笑顔溢れる素敵な一年をお過ごしください!」とつづり、新年のあいさつを交わした。

投稿されたプロマイド風の写真には、ラベンダー色のレースのトップスに片手頬杖のポーズをとっている渡辺が写っていた。

しかし、この投稿に対してネット上からは「新年の挨拶も文章おかしいですね」「新年あけましておめでとうございますの新年いらないから」
「新年ってつけたら丁寧だと思ってるんだろうか?」などの厳しい指摘のコメントが寄せられている。

正確にいうと、「新年」と「明けまして」は同じ意味であるため、渡辺の使った「新年明けまして」は重複表現であるといわれている。
多くの人が口語ではついつい使ってしまいそうな表現であるが、ブログなどの文章では避けた方が良かったかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2140098/
2020.01.02 18:00 デイリーニュースオンライン

c43719eac06e3aabe079f2b48f48d442

続きを読む

Source: 芸能人の気になる噂

コメント